活性酸素対策として活性水素が注目される理由

2019.03.29 Friday

0

    皆様、こんにちは(^◇^)

     

    人の体内で過剰に発生すると疲労、老化、生活習慣病の元凶になると言われる活性酸素。

    現代、私たちを取り巻く生活環境の中でこの活性酸素をいかに取り除くかが健康の秘訣とまで

    言われるようになりました。

     

    活性酸素を消去する抗酸化物質といえば、ビタミンC(レモン)、リコピン(トマト)、

    ビタミンE・A(ウナギ)、ポリフェノール(ココア)などが代表的なものとして知られています。

    ところが、食品に含まれる抗酸化物質には「分子量が大きいため脳内など体内で入れない場所がある。

    水溶性ビタミンは脂質で覆われた細胞膜にはじかれてしまう。不水溶性ビタミンは水溶性の細胞質の

    中では十分に機能しない。」など構造上の弱点があると言われています。

     

    その点活性水素は作用する場所を選ばず「脳内をはじめ身体のすみずみまで行き渡ることができる上、

    悪玉活性酸素にのみ反応し善玉活性酸素には反応しない」という特性があることが最近の研究で分かって

    きています。また抗酸化物質は活性酸素を無害化する一方、自らは酸化しますが、水素の場合、酸化すると

    「水」になることから副次的な作用を起こす要因が見当たらないと言われています。

     

    近年、美容・健康・スポーツ界のみならず、医療現場でも活性水素が注目されているのはこのためなのです。

     

    皆様も毎日の健康のために、活性水素様機能素材含有のクロスゼロをぜひお試し下さい!

     

    ごきげんよう

     

    コメント
    コメントする