インフルエンザ予防の123と4!

2014.12.01 Monday

0
    みなさま、いかがお過ごしですか?

    12月に入り本格的な冬支度が各地で行われています。

    今年は、インフルエンザが早くも流行の兆しを見せているようで、学級閉鎖などを余儀なくされている中学校ももうすでにあるようです。

    例年の流行のピークである1月〜2月を見据えて、11月半ばころに予防接種された方も早い流行に驚かれているのではないでしょうか?

    インフルエンザの予防は何といっても、ウイルスを喉に着床(細胞表面に吸着)させない、増殖させないということがとても大切です。

    ですから、1にうがい、2に手洗い、ここまではみなさまも良くご存知のことだと思います。3は、と言えば、歯磨き!?らしいのです。

    もう何年も前のことですが、ある高齢者医療施設ではそこからさかのぼること10年間ひとりもインフルエンザを発症していないとテレビのニュースで大きく報道されました。その施設の歯科顧問医師が毎食後の正しい歯磨きの仕方を何年にもわたり指導なさり、口腔衛生を常に保てるようにしたところ、インフルエンザにかかる方が皆無だったと言うのです。

    そのニュースを見て、わたくしは舌がまるで「シャーレ」なのだなと感じました。口腔衛生がきちんと保たれていればウイルスの増殖する場がなく、たとえ感染しても発症に至らずに済むということらしいのです。

    また、免疫力も非常に重要です。弱っている粘膜に吸着しやすいのですから、免疫力でウイルスに抵抗できれば発症しないのです。
    その点では、クロスゼロがとても役に立つと言えます。

    これからは、1にうがい、2に手洗い、3に歯磨きで、4はクロスゼロ!にしてみてはいかがでしょう?
    お勧めいたします!!!

    向寒の折、どうぞ皆様御身お大切に、

    ごきげんよう




    コメント
    コメントする