花粉・黄砂・PM2.5

2013.03.08 Friday

0
    みなさま、春の訪れを感じるこのごろいかがお過ごしでいらっしゃいますか?

    今スギ花粉飛散のピークを迎え、(それも例年の5倍以上の量が舞っているといわれており、)マスク・ブロックメガネ・クロスゼロを手放せない生活を送っていらっしゃる方が多くおられると思います。

    今年はその上、お隣の国から黄砂に加えてPM2.5と呼ばれる大気汚染物質まで飛来しています。

    連日、テレビや新聞の報道からPM2.5についての情報が色々入って参ります。
    この大気汚染化学物質はスギ花粉の10分の1の本当に小さな粒子だそうで、丁度タバコの煙のようなサイズだそうです。
    これを吸うと、気管支も通り過ぎて肺にまで到達し、咽頭痛、気管支炎、肺炎など、その道筋各所で炎症を引き起こしたり、アレルギー・喘息を誘発したりするそうなのです。

    また、PM2.5が花粉に出会うと花粉を破砕するのだそうで、細かく砕かれた花粉が今までになく、気管支の奥深くまで入ってしまうようになるのだそうです。

    今は大量の黄砂も飛来して来ていて、わが国の大気は花粉・黄砂・PM2.5のトリプルショックに占領されるような様相を呈しています。
    これから5月の終わりごろまで大量に到来すると予想されていますので、本当に頭の痛い問題です。

    これらから身を守るのは、もちろんこれらの物質を吸わないことが何よりと分っているものの、ずっと外出しないでいるわけにも行きません。
    みなさまも大気汚染が基準値を超えそうな日の外出には、ぜひ高密度マスクをご用意なさることをお勧めいたします。

    また、わたくしたちの体内には化学物質を消去する酵素、チトクロームP450が備わっていますが、その消去過程で、大量の活性酸素が発生すると解っています。そのため、活性酸素対策がこれらの炎症の発生リスクを大幅に軽減する決め手となるといわれています。

    強力な活性酸素消去には今後ともクロスゼロをぜひともお役立てください。

    それでは、みなさまどうぞお大事に、

    ごきげんよう


    コメント
    コメントする