老化の2大要因!身体の「コゲ」と「サビ」を減らす工夫。

2017.10.03 Tuesday

0

    皆様、こんにちは(^◇^)

     

    すっかり秋を感じる今日この頃、いかがお過ごしですか?

    食欲の秋、新米が美味しくて、おかずの種類も増えることと思います。

     

    昨今はスーパーフードなる健康を意識した自然食品が話題によく上ります。

    その一方で、私たちを取り巻く生活環境は、まだまだインスタント食品、

    清涼飲料水、スナック菓子、麺・パン・パスタなどの小麦粉加工食品など、

    糖質を多く含む食品を「無意識のうちに過剰に摂取しやすい」状況にある

    と言えます。

     

    また食の西洋化に伴い日本人は高タンパク・高脂肪食もたくさん摂るように

    なりました。

    体内ではこれらと糖が結びつき糖化(コゲ)が起こると、活性酸素を増やし

    酸化(サビ)が起こるという好ましくない連動が始まります。

    糖はエネルギー源として必要なものですが過剰な摂取は害になると言われ、

    この連動を絶つには、同時にどちらも減らす、という工夫が必要となってきます。

    特に、インスタント食品、スナック菓子、清涼飲料水には糖のほか化学添加物も

    多く含まれているため、分解吸収される過程でも活性酸素が大量に発生すると

    言われています。

    根菜類・海藻などの食物繊維を糖質吸収のブロッカーとして役立たせるのは

    もちろんのこと、過剰に発生した活性酸素を水素などの抗酸化物質で積極的に

    消去することが望まれているのです。

     

    糖類に偏りがちな食事から、バランスのとれた食事へと意識を切り替えて

    健康を心掛けたいものですね。

     

    皆様、この秋も若々しくお元気にお過ごし下さい!!

    ごきげんよう(^.^)/~~~

     

     

     


    健康のためには、細胞をサビつかせる活性酸素への持続的な対策が必要です。